インタビュー

好きなことが多すぎる!器用貧乏に悩んだ多才家が挑戦したこととやりたいことを聞いてみた

好きなことややりたいことが多すぎる!

そう語るのは「多才家」の肩書きを持つ、さい(新垣才)さん。

「好きなことややりたいことが見つからない」と悩む声も聞く中で、

反対に「好きなことや、やりたいことが多すぎる」なんて楽しいことばかりなのでは?と思うかもしれません。(私は思っていました)

しかし、好きなことが多すぎるが故の悩みもあるそうです。

そんな「多才家」なさいさんに

  • 図解をマネタイズするまでの流れ
  • この8ヶ月の間で新しく挑戦した10のこと
  • 器用貧乏だからこその悩み
  • 主宰するオンラインサロン「#多才ラボ 」への想いや活動内容

などを聞いてきました。

実は私がさいさんに取材させていただくのは2回目。

前回取材させていただいたのは「多才家」を名乗る前の、4月末のことでした。

>>前回の記事はこちら

8ヶ月ぶりとなる取材で、前回からどのように変化があったのかを振り返りつつ取材しました。好きなことが多すぎる人や器用貧乏で悩んでいる人は特に読んでほしいです…!

夢にも順番がある!?発信をしていなくても好きなことがあっていい

みさき
みさき
以前は苔とスタバが好きなことにより、”苔カフェ”を作りたいと言っていましたよね。苔玉も育てていましたが、調子はどうですか?
才さんのnoteより抜粋
さいさん
さいさん
あ、枯らしました(笑)

え!?あんなに苔好きだったのに!?それではもう苔は興味ないということなのでしょうか?

いえ!発信はしていませんが、苔が好きなのも、苔カフェを経営したい気持ちも変わりません。

さいさん
さいさん
でも夢にも順番があるということで!(言い訳)

夢にも順番があるなんて!さすが好きなことが多すぎる多才家です。

わずか1ヶ月で図解をマネタイズ!すぐに「図解の人」に

春ごろからTwitterで見ていた図解も、今は立派な仕事になっていますよね。どのようにマネタイズしていったのでしょうか?
さいさん
さいさん
ちゃんと図解を作り始めたのは4月ごろで、

最初のマネタイズは5月に開催した図解カフェ(図解の講義があったり、実際に図解を作ったりするイベント)でした。

>>図解カフェのイベントレポートはこちら

みさき
みさき
懐かしいですね!思えばわずか1か月でマネタイズできるなんてすごすぎます…!

図解カフェの初回は投げ銭方式でしたが、6月末開催の第2回図解カフェは、参加費もいただいて開催することができました。

そして7月の初めごろには図解制作、図解を教える道場など、さらにサービスを展開していきました。

みさき
みさき
サービスを展開する前から図解制作などの依頼は来ていたのでしょうか?

いえ、全く受けていないです。

それでも「やってみよう!」と思って最初はお試し価格にして思い切って募集してみたら、ありがたいことにたくさんの依頼をいただくことができました。

まずはやってみないとわからないですもんね。夏にはすっかり「図解の人」として定着していましたよね。

「図解」で定着して終わらず、さいさんが新たに挑戦した10のこと

さいさん
さいさん
この半年くらいで図解もやりつつ、新しいことにもどんどん挑戦しました。

図解以外にもそんなにたくさん新しいことを始めていたんですか?

例えばライターとして読んだ本の書評やライブレポートを書いたり、「不登校は不幸じゃない」というイベントを開催したり。

Twitter運用も本格的に開始して、フォロワーも約200人だったのが2000人になりました。

ツイートもよくバズってますよね…!

さいさん
さいさん
最初は顔出しもしていなかったのですが、所属していた#はあちゅうサロンのアイドル活動でだいぶ撮られ慣れましたね(笑)

他にもライブで歌ったり、マイダーツを買ったり、iPadを買ってイラストや図解のクオリティを上げたりしました。

多才すぎる

他にはオンラインサロンの運営補佐をしたり、自分でも「#多才ラボ」というサロンを立ち上げました。

就職先で新卒採用人事としてのインターンも始まり、1月にはトークイベントも決まっています。

予想以上にたくさん出てきたのでまとめます(笑)
  1. ライター
  2. イベント開催
  3. Twitter運用
  4. アイドル活動
  5. ダーツ
  6. iPadで図解やイラストの制作
  7. オンラインサロン運営補佐、立ち上げ
  8. 新卒採用人事
  9. トークイベント
    「実績ゼロの僕が、大好きな「図解」を1ヶ月で仕事にできた理由」(1月)

すごい、10個も出てきた…!

「ズカイスト」から「多才家」へ。「さい」という生き方で有名になりたかった

みさき
みさき
今は肩書きが「多才家」ですが、少し前まで「ズカイスト」と名乗っていましたし、図解の人としてこの先もやっていくのかと思っていました。

ふと「このまま自分は図解の人として有名になりたいのか?」と 自問自答してみたんですが、答えはNoで。

「図解」という強みがたまたまTwitterで上手く展開できただけなんです。

図解はあくまでやりたいことの1ということですね。

さいさん
さいさん
「図解」というスキルで有名になるのではなく、 「さい」という人格・生き方で有名になってファンがほしいんですよね。

それに図解の人として有名になるにつれて「図解のことしか呟いちゃいけない」と思ってしまって、Twitterを楽しめなくなってきちゃって。

みさき
みさき
確かに好きなことを呟けないのは窮屈に感じてしまいますよね…。「図解の人」からどのように脱却していったのでしょうか?
さいさん
さいさん
僕はいわゆる「器用貧乏」で、新しいこともすぐにある程度はできるようになるんです。

だけど極めることはできなかったり、好きでも途中で飽きちゃう場合が多いことに悩んでいました。

なんでもできちゃうような「器用貧乏」の人たちがすごく羨ましいなと思っていたのですが、そんな悩みがあるんですね

そんなある日、「マルチ・ポテンシャライト」という本を読んだことで、「自分と同じように器用貧乏で悩んでる人ってたくさんいるんだな」と気づきました。

そして、「だったら自分と同じ悩みを抱えた人たちが、どう生きやすくなれるかという答えを探求するサービスを開発したい!」と考えたんです。

それと同時に「そのサービスを運用しながら成功していくストーリーを丸ごとさいとして発信していこう」と思って。

何か1つに肩書きが決められない、 そんな生き方自体を肩書きにしちゃおうっていう逆転の発想で、「多才家」を名乗り始めました。

それがまさに「多才家」と「#多才ラボ」というオンラインサロンが生まれたきっかけになったんですね。

「#多才ラボ」は具体的にはどのような活動をしているのですか?

さいさん
さいさん
主にメッセンジャーグループを複数作って交流したり、月に1度のペースでオフ会を開催しています。

メッセンジャーグループは食、英語学習、マインドフルネス、カメラ、グラレコなどたくさんのグループができています。メンバーはやっぱり器用な方が多いので吸収が早いですね(笑)

なんでもできる人たちの集まりだと、困ったことがあっても誰かしらできる人がいて助けてくれそう…!

そうなんです!今回の撮影もサロン内でカメラマンを募集したら、秒速でゆぴさんが手を上げてくれました。

他にも、今「#多才ラボ」のメディアの立ち上げをしている最中ですが、本業でメディアの編集に携わっている人がいるので超助けてもらってます。

サロン内でお仕事とかも回せたらすごくいいですね!私も何かあったらお願いしたい

2019年の「多才家」は歌を仕事に

2019年の目標やこれからやりたいことはありますか?

まずは就職して会社員になるので本業を頑張りつつ、ずっと好きで夢だった歌を本格的に始めて仕事化していきたいですね。

さいさんはどんな歌を歌うんですか?

J-POPからロック、アニソンやボカロ、洋楽までなんでも好きなので、広く浅くですね。

もしかしたら自分で曲も作るかもしれないですし(笑)

本当に何事も好奇心が旺盛ですね!ますます多才になっていくのを楽しみにしています!

わずか8ヶ月でさらに多才になっていたさいさん。

好きなことをひとつに絞らず全部やるという姿勢がとてもかっこいいですよね。2019年はさらに大活躍間違いなしです!!

年始にあるトークイベントもまだ座席があるようなので、自分の強みをマネタイズする方法を探している方や、さいさんに会ってみたいという方はぜひ足を運んでみてくださいね。

1月9日のトークイベントについてはこちら>>「実績ゼロの僕が、大好きな「図解」を1ヶ月で仕事にできた理由」

さいさん(@aragakisai

撮影:ゆぴ(@milkprincess17

 

ABOUT ME
みさき
いろいろな働き方や、ステキなモノを広めるライター&ブロガー ▽都内在住 ▽特技はどこでも寝れること