紙の本と電子書籍は使い分けるのがベスト!それぞれのメリット&デメリット


こんばんは、みさき(@misaki2018jp)です。

本好きの人と必ずと言っていいほど議論になるのが 「紙派or電子派問題」

わたしはどちらも読みます。

というか使い分けるのがベスト。

だと思っています。
それぞれのメリットデメリットがあるのでまとめてみました。
(※電子書籍はKindleを使用しています)

紙の本のメリット

・自由に書き込める
・ページをめくる感覚が好き
・残りの文量が目と手で感じられる
・印刷のわだわりが実感できる
・一覧性があるので図解やイラストが見やすい
・貸し借りをして本好きの人との恋が生まれる(かもしれない)

紙の本のデメリット

・モノの置き場が必要
・持ち歩くと荷物になる
・汚すとめっちゃ萎える、紙なのでどうにもならない

電子書籍のメリット
・いつでも買ってすぐ読める
・物理的な場所を取らない
・読みたいページにすぐにジャンプできる
・文に線を入れることができ、修正可能、あとからその部分だけ見ることも可能
・安く買える場合がある

電子書籍のデメリット

・他のアプリ等通知をONにしていると通知が気になる、本の世界から呼び戻される
・読み終わっても紙の本みたいに売却は不可能
・自分好みに記入ができない

こんな感じでしょうか。

結論からいうと小説は紙、実用書は電子書籍使い分けるのがおすすめです

小説は紙がおすすめ


私はもともと実用書などはあまり読まず、小説をメインで読んでいます。
そして絶対に紙の本派でした。小説をよく読む人は本を愛していて紙派が多いイメージあります。

紙の本の最大の魅力はやはりページをめくる感覚と印刷のこだわりが見えるところではない でしょうか。

ミステリーとかだと終盤でページをどんどんめくっていくのが止まらないと同時に、残りのページが少なくなっていくあの感じがたまらないのです。

知念実希人さんの「仮面病棟」はおもしろかったな。ミステリー好きはぜひ。

created by Rinker
¥593
(2018/12/19 07:22:49時点 Amazon調べ-詳細)

印刷のこだわりでおすすめは、はあちゅうさんの「通りすがりのあなた」

created by Rinker
¥1,404
(2018/12/19 07:22:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

実は中の文字の色が紺色なんです、よく見ると。
たまたまこの本のイベントがあったのでそこで知ったのだけど参加してなかったら気付かなかったと思う(ちなみにはあちゅうさんはイベントにはいなかったけど)

電子書籍だとどう表示されるのかわからないけど、このこだわりは絶対に紙の本で見てほしい!

小説は緊急で「ここの部分だけなんて書いてあったか確認したい!」ということもほとんど ないと思うので、電子データとして持ち歩く必要もなし。 あ、でも好きな言葉や印象的だったところをメモしたのはスマホに入ってます。

実用書は電子書籍がおすすめ


実用書や自己啓発本などは最初は1回通して読んだらそのあとは通して読むよりも、「こんなことが書いてあったはず」というように部分的に読んだり確認することが多いのではない かと思います。(わたしだけ?)

突然の「たしかあの本にこの情報が!確認したい!」というというときにデータとして持 ち歩いていればさっと確認できるので便利。前述したとおり本に直接書き込みたい方には電子書籍はおすすめできないけど、マーカーは自由に塗り消しできるので便利です。

ちなみに紙、電子に関わらず読んだ後に感想を書いたり好きな言葉を書き留めておくと、この「この本にこういうこと書いてあったはず!」ということの発生頻度が高まります。

ちなみに私の読んだ本はInstagramで発信しておりますのでぜひご覧くださいませ!

ではでは、みさきでした。

ABOUT ME
misaki2018jp
22歳の兼業ライター&ブロガー▼ステキな人やモノ、いろんな生き方があることを広めたい ▼美容師から事務系会社員へ▼オンラインサロンがきっかけで、未経験でも書くことが仕事になりました。▼ちゃんとお布団で寝ることが毎日の目標です。▼執筆依頼等受け付けています!